kakitama式UC投資ライフ

20代前半の生活ブログ。潰瘍性大腸炎(UC)歴2年。投資は2017年6月~ UCの治療や日々の生活、米国株とETF中心の投資の記録をしていきます。

投資を初めた理由~どうせやるなら今からやろうよ~

こんにちは。

今回は自分が投資を初めた理由について書いてみます。
理由は大きく2つあります。
(こういう時って3つくらい提示するのが主流ですよね。3つも出せる脳が欲しい)

  1. 将来の不安
  2. 経済の動向により興味を持つ



1.将来への不安
もともと学生時代から投資は興味があり、
「まとまった種銭ができたら始めよう。」
と考えていました。
ただ、今回の入院がターニングポイントとなりました。

今月の給料が振り込まれ、その金額を見てその少なさに本当に驚きました。
会社を休んでるので当たり前ですね。
むしろ給料をもらえる事がありがたいくらいですが、やっぱりビックリしちゃいました。

今は独身なのでいいですが、この先ライフステージが上がっていくにつれて今のような状況になると間違いなく金銭的な支障が出てくるはずです。
ライフステージ…家族…結婚…お嫁さん…彼女…うっ頭が…
自分の幼い頃から親は習い事はやりたいものをやらせてくれたり(水泳やテニス、習字、etc)、大学では学費に加え、一人暮らしまでさせてもらったりと不自由のない生活を送ってきました。
これも朝早くから深夜まで働いて家族を支えてくれた親のおかげです。
本当に感謝しても感謝しきれません。

「自分も将来は家族にできるだけ不自由のないようにしたい。」
「好きなことを好きなだけできる環境を用意したい。」
「公的年金もそんなにあてにならない状況だから老後の備えもいくらかしておかないと。」
「でも親のように毎日深夜まで働ける体ではない・・・」
別に自分のことはどうでも良いですが、とにかく家族は不幸な気持ちにさせたくないという気持ちです。
でも君に彼女いないよね。

給料以外の収入・・・株式投資だ!

という運びとなりました。

「まとまったお金ができたら始めよう」と思っていたものの、
「少額からでも実際に投資をしながらの方が学ぶことは多いはず。」
「自分の性格からして後回しにすると結局都合の良い言い訳をしてやらずに過ごすのではないか。」
ということで
「思い立ったが吉日。いつやるの?今でしょ!!」
というのが1つ目の理由です。


2.経済の動向に興味を持つ
一応こんなでも社会人として生きていますし、仕事にも関係してくるので経済の動向に興味を持って敏感になっていた方が良いと思っていたものの、
前述の通り、

得意技:物事を後回して結局やらない

これを発動させてしまい、かなり経済情勢に疎い状況です。

どうしたら現状を変えられるか?
「身銭切って日常から意識するような状況にしてしまおう。興味を持つ、敏感にならざるを得ない環境にするしかないでしょ。」
という理由です。
当方、小学生時代から夏休みの宿題は最後にまとめてやるタイプの人間でございます。

ただ、生活費をとことん切り詰めてまで投資資金捻出までは現状ではしないかなと思います。

健康第一

健康あっての人生

これだけは声を大にして言いたかったです。
先ほど「自分のことはどうでも良い」と言いましたが撤回します。(手のひら返し)
やっぱり体は壊したくないです。
入院とかこりごりですね。笑
体壊さないくらいなら全然良いですけどね。

当たり前と思ってることでも、さてその当たり前が手離されてしまうと本当にそのありがたみが分かりますね。
今それを本当に実感してます。
話がずれて来たので戻します。

ということで
1.将来、家族にできるだけ負担や不自由をかけない生活をしたい。
2.社会人として経済状況にアンテナを張っていたい。
これが投資を始める理由というお話でした。

そして、

・どうせやることなら先延ばしにせず今からやる。
・ただ健康は最優先に考える。

これを日々意識していきたいと思います。



ブログ村登録してみました。
クリックしていただけると大変嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へブログランキング・にほんブログ村へ